Tenorshare 4DDiGを使ってHDDから消えたデータを復元させる方法【PR記事】

  • 2024年4月16日
  • 2024年5月24日
  • PR
PR
この記事にはPRが含まれています。

「HDDから消えたデータを復元させる方法」をお探しですか?
HDDデータの突然の消失や破損によって悩まれている方へ、心強い解決策がここにあります。Tenorshare 4DDiGは、HDD(ハードディスク)や、メモリカードなどのデータ復元ソフトウェアとして知られています。

この記事では、あなたのデータを失った場合にどのようにして4DDiGを使って簡単に回復できるかを詳しく説明します。

また、この記事を読むことで、4DDiGの使い方を知ることができ、あなたの大切なデータを失った時に、Tenorshare 4DDiGを活用してデータを復元できるかもしれません!

是非、この記事を読んで、Tenorshare 4DDiGを活用し、失ったデータの復元に挑戦してみてください。

公式サイトは下のカードから

Tenorshare

ハードドライブ、SD カード、USB、失われたパーティションなどからデータを復元するには、Tenorshare 4DDi…

HDDのデータが消える原因

HDDのデータが消える原因はさまざまです。まず、物理的な故障が考えられます。例えば、HDD内の部品の故障や磁気ディスクの損傷などが挙げられます。

次に、論理的な故障もあります。これには、誤ってファイルを削除する、フォーマットする、ウイルスやマルウェアに感染するなどが含まれます。また、電力の供給不良や不安定な電源による問題も考えられます。これらの問題は、データの消失を引き起こす可能性があります。次の節では、物理的な故障、論理的な故障それぞれの原因について詳しく解説します。

物理的な故障

HDDのデータが消える一つの原因は、物理的な故障です。
この故障は、HDD内の部品が劣化したり、磁気ディスクが損傷したりすることによって引き起こされます。例えば、ハードディスクドライブ内の読み取り/書き込みヘッドが正常に動作しなくなることがあります。また、回転ディスクがスピンアップしない、回転速度が低下する、あるいは回転軸が曲がるなどの問題もあります。これらの故障が発生すると、HDDは正常にデータを読み書きできなくなり、データの消失やアクセス不能が起こる可能性があります。物理的な故障が疑われる場合は、購入したお店や代理店に相談、修理を依頼することをオススメします。

論理的な故障

HDDのデータが消える原因の一つに、論理的な故障があります。
これは、ファイルシステムの誤動作や、誤ってファイルを削除したり、フォーマットを実行したりすることによって引き起こされます。また、ウイルスやマルウェアに感染することも、データの消失を招く原因となります。さらに、OSの不具合やソフトウェアの問題も、論理的な故障の一例です。これらの問題が発生すると、HDD内のデータにアクセスできなくなったり、データが破損したりする可能性があります。論理的な故障は、物理的な故障よりもソフトウェアレベルでの問題が原因ですが、適切な手順で対処することでデータを回復することができる場合があります。

関連記事

4DDiG File Repairとは4DDiG File Repair は、AIを使って壊れた画像や動画を修復したり、画像を高解像度化(拡大)できたりと頼りになるツールです。この記事では、画像を高解像度化(拡大)する機能に注目して[…]

HDDのデータを復元する原理

HDDのデータを復元する原理は、データが物理的に消去されるのではなく、実際にはデータが上書きされるまで保持されているという点にあります。従って、データが削除された場合でも、そのデータが物理的に存在している限り、専用のソフトウェアを使用してそれを回復することが可能です。データの削除やフォーマットは、単にHDD内のファイルシステムからそのデータを参照できなくするだけであり、実際のデータ自体はまだ物理的なメディアに残っている場合がほとんどです。従って、データ復元ソフトウェアは、このような消去されたデータをスキャンし、再度アクセス可能な形に戻すことができます。この原理に基づいて、データ復元ソフトウェアは削除されたデータを検出し、それを再構築してユーザーに提供することが可能となります。

Tenorshare 4DDiGの特徴・機能

Tenorshare 4DDiGは、信頼性の高いデータ復元ソフトウェアとして注目されています。その特徴や機能には以下のようなものがあります。

– ワイドな対応範囲: 4DDiGは、HDD、SSD、USBフラッシュドライブ、メモリカードなど、さまざまなストレージデバイスからデータを復元することができます。

– 深いスキャン機能: 4DDiGは、徹底したスキャンによって消失したデータを高い確率で回復します。削除されたファイルやフォーマットされたドライブからのデータ復元が可能です。

– ユーザーフレンドリーなインターフェース: 直感的な操作性と使いやすいインターフェースを備えています。初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応しています。

– プレビュー機能: 回復可能なファイルを事前にプレビューすることができます。これにより、必要なデータだけを選択して復元することが可能です。

– オプション豊富な復元モード: 4DDiGには、さまざまな復元モードが用意されており、異なる状況に応じて適切な復元方法を選択することができます。

Tenorshare 4DDiGの使い方

Tenorshare 4DDiGを起動し、復元したいデータが保存されていたドライブ・パーティションを選択し、
「スキャン」をクリックしてください。
スキャンをクリックすると過去に消されたファイルが上の画像のように表示されます。
(スキャン表示するまでに時間が掛かることもあります。)

復元したいデータがあればそのデータをクリックして、右下の復元ボタンをクリックすると、
復元することができます。
(※復元したいデータが見つかったら右上のプレビューで確認することもできます。)

復元をクリックすると復元したファイルをどこに保存するか聞かれますので好きな場所に保存して下さい。

Tenorshare 4DDiGのインストール方法

Tenorshare 4DDiGは下のカードより公式サイトからダウンロードすることができます。

公式サイトよりダウンロードしますとtenorshare-4ddig-for-windows.exeというファイルがダウンロードされますので、そちらのファイルを開いて頂くことでTenorshare 4DDiGをインストールすることが出来ます。

Tenorshare

ハードドライブ、SD カード、USB、失われたパーティションなどからデータを復元するには、Tenorshare 4DDi…

ライセンス料金について

Tenorshare 4DDiGを使ってみて

Tenorsharfe 4DDiGを使って実際にファイルを復元してみて、そういえばこんな画像あったなーなど懐かしい画像がちょくちょく出てきました。
ただ使った感じ個人的には難しいように感じました。
4DDiG

分でできる外付けHDD復元方法を試してみる価値は十分にあります。この記事では、2024年に最新の外付けHDD復元方法を、…

この記事にはPRが含まれています。
最新情報をチェックしよう!